素敵な列車の旅!


おはようございます。
今回はお気に入りのドイツ最北端のジルト島を
お伝えします!
ドイツ本国より自動車運搬列車に乗って向かいます!
環境に優しいクリーンディーゼル車ばかりですね〜

自動車で列車に乗せてもらうのも
なかなかイイですよ!

おっと海が見えて来ましたね〜
ナビゲーションはどうでしょうか?

もちろん海の上を走ってくれます!!
なかなか見れませんね〜

海の上を走る列車の旅!
素晴らしいロケーション!
イイ感じです。

お気に入りのジルト島に到着!!
列車から降ります。
素敵でしょう!

クリーンディーゼル!


おはようございます!
今回はクリーンディーゼルについてのお話をお伝えします。
まず日本の三菱、日産のクリーンディーゼルは独ボッシュ製のパーツで造られています!
ヨーロッパでトヨタ自動車のシュア伸び悩みの原因は、ガソリン車主体のハイブリッドいうハンディキャップがあります。
クリーンディーゼルエンジンは、必ずターボチャージャーが必要で、
日本の三菱製とIHI製がほとんどを占めています!
BMWではターボチャージャーを三菱製を使用しており、これがトヨタ製となれば、クリーンデーゼルエンジンに部品や制御をトヨタグループを介して供給するメリットが有るのでしょう!
クリーンディーゼルエンジンの性能は、メルセデスとBMWではBMWの方が小型で高効率です!
トヨタ自動車はハイブリッドを進める上で渋滞路での省燃費性能は高いが、ヨーロッパ等の中速域や高速での燃費ではまだまだ満足出来ないでしょう!
車速が上がるとハイブリッドのモーター特性によりガソリン車とどんどん変わらなくなって行きます。
そこで、もしクリーンディーゼルエンジンとハイブリッドの組わせができたなら、渋滞路と中高速域でのバランスが可能になりそうです!
実際、まだ高価で重量増となるこの組み合わせでの量産車両は存在していませんが、
一番理想に近いでしょう!!!
マツダが先行した低圧縮ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンに近い強度と振動でありますが、残念な欠点があります!
限りなく理想に近いのですが、極寒時の初期始動での排ガス浄化処理や低圧縮であるが故、全域で過給による実圧縮比を上げざる得ません。
スカイアクティブDはツインターボであり、高価な補機類であるターボが大小と2つ搭載しています。
俗にシーケンシャルターボと呼ばれている方式です!
ポルシェ959から、マツダがコスモに国内初搭載しています。
当時よりは、切り替わる谷間の違和感が高精度な制御により無くなりました。
しかし、コスト面では確実に不利であり重量増は避けらません。
BMWの2000ccクリーンディーゼルでは、圧縮比16、5であり、14:1のマツダと相当違います。
低速域でのトルクはマツダが不利であり、その低圧縮比を小型ターボでカバーしています。
小型ターボであるので過給効率はいいがそれでもアクセルの付きはクリーンディーゼルらしくありません。
BMWはガソリン車で広域の可変吸排気バルブを採用し、ターボは1つで間に合わせており有利です。
マツダが実現したこの低圧縮化ディーゼルはNOx排出量を減らし、BMW等のクリーンディーゼル用触媒等を不要とし、結果ターボ増であってもトータルでは帳消しとなります。
そしてトヨタグループであるデンソーがマツダに資金も技術も注入し開発し、トヨタ式ハイブリッドシステムもマツダが購入することで数年先にマツダ製THS2が誕生します!
同時にマツダのノウハウが入ったデンソー製クリーンディーゼルシステムがトヨタ自動車や富士重工へ移植される可能性が高いでしょう!!!

トヨタもクリーンディーゼル Ⅱ

 

 

 

 

おはようございます!

トヨタ自動車がクリーンディーゼルへ!

トヨタ自動車の「プリウス」は、速度域が低く、ストップ&ゴーが多い日本国内向けに開発された経緯があります。

そうした走行モードでは、確かにトヨタの2モーターに遊星ギアを組み合わせたハイブリッド技術は有利でありますが、

一方で、クラッチを持たずに常にエンジンの出力の一部を発電に回していることから、高速などで連続走行しているシーンで電池への充電がいっぱいになってしまうと、

あまり効率がいいとは言えません!

だからこそ欧州では、高速走行でもエンジン回転数を低く抑えて低燃費を実現できるクリーンディーゼルが浸透しています!!!

ディーゼルエンジンに関しては、トヨタ自動車も、欧州で主流のクリーンディーゼルエンジンを独自開発する難しさを認識しており、BMWから供給を受けると発表しています。

トヨタ自動車もハイブリッドだけでは無く、クリーンディーゼルも必要になってきましたね!!!

 

 

 

 

 

トヨタもクリーンディーゼル!

 

 

 

 

おはようございます!

 

 

 

トヨタもやっと世界基準のクリーンディーゼルに気ずきましたね!!!

 

 

 

自社にはハイブリッドしか無いので、BMW製のクリーンディーゼルエンジンを積みました!

 

 

 

 

 

 

 

 

トヨタは来年からヨーロッパで販売されているヴァーソに、

 

 

 

BMW製の1600ccクリーンディーゼルエンジンを新たに積みます!

 

 

 

世界基準のクリーンディーゼル

 

 

 

一度乗ったらガソリン車には戻れません!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BMW X3d !!!

 

 

 

 

 

皆さん今回は、BMW X3d  をお伝えします。

 

 

 

 

やはりBMW カッコいいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツ本国でも、スポーティーなので人気があります。

 

 

 

 

これなら乗ってみたいですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然エンジンは、クリーンディーゼルです!!!

 

 

 

 

環境にも、経済的にも、そして運転して楽しいクルマ!BMWは、良く判ってますね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンパクトで4WDで、良く走り良く曲がり良く停まる素晴らしいクルマです。

 

 

 

 

ご家族で、旅行にレジャーにピッタリですね!!!

 

 

 

 

ドイツ本国では、レンタカーもありますよ!!!

 

 

 

 

次回も、お楽しみに!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BMW クリーンディーゼル!!!

 

金メダルあげます!!!

 

 

 

 

 

 

BMWジャパンは、クリーン・ディーゼル・エンジン搭載モデルが、

 

 

 

 

2012年12月単月のBMW全体の約25%を占めたと発表しました!!!

 

 

 

 

同社は2012年2月の「X5 xDrive35d ブルーパフォーマンス」を初めに、

 

 

 

 

3シリーズ、5シリーズ、X5、X3にクリーン・ディーゼル・モデルを投入。

 

 

 

 

計6モデルを販売しています。

 

 

 

 

ディーゼルモデルの比率はツーリングとX3、X5で高く、

 

 

 

 

2012年通年のBMWブランドの販売台数が、

 

 

 

 

対前年比約20%増の4万1102台になった要因の1つとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各モデルのディーゼル・モデルの比率は次のとおりです。

 

 

 

 

モデル 3シリーズ セダン/ツーリング全体におけるディーゼル比率

 

 

320d ブルーパフォーマンス セダン 約30%

 

 

 

 

320d ブルーパフォーマンス ツーリング 約90%

 

 

 
合計 約45%

 

 

 
モデル 5シリーズ セダン/ツーリング全体におけるディーゼル比率

 

 

 
523d ブルーパフォーマンス セダン 約20%

 

 

 
523d ブルーパフォーマンス ツーリング 約50%

 

 

 

 

合計 約30%

 

 

 
モデル X3全体におけるディーゼル比率

 

 

 
X3 xDrive20d ブルーパフォーマンス 約55%

 

 

 

 

 

モデル X5全体におけるディーゼル比率

 

 

 
X5 xDrive35d ブルーパフォーマンス 約65%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BMWクリーンディーゼル頑張ってますね!!!

 

 

 

 

クリーンディーゼル盛り上がってきました!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全車クリーンディーゼル!!!

 

 

 

 

 

皆さん、ドイツ本国のBMWディーラーです。

 

 

 

 

何と展示してある車輌全てクリーンディーゼルです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、 316dです。

 

 

 

 

カッコいいですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビックセダン 730d です。

 

 

 

 

日本では考えられないですね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、 520dツーリング と118d です。

 

 

 

 

見事ですね!!!

 

 

 

 

ここまでクリーンディーゼルが進んでいるとは!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然中も、クリーンディーゼルです!!!

 

 

 

 

皆さんも、楽しいドライブしましょう!!!

 

 

 

 

次回も、お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

BMW!!!

 

 

 

 

 

皆さん、素晴らしいロンドンオリンピックでしたね!!!

 

 

 

 

これもBMWのサポートのおかげです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界中へ、BMWのクリーンディーゼルが広まったことでしょう!!!

 

 

 

 

ほんと凄いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも、楽しませて頂きました!!!

 

 

 

 

素晴らしいアイデアでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BMWに、感謝です。

 

 

 

 

素晴らしい企業ですね!!!

 

 

 

 

これからも、クリーンディーゼルで世界を引っ張って行って欲しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BMWアートカー!!!

 

 

 

 

 

皆さん、BMWはオリンピックでアートカーの展示も行っていました。

 

 

 

 

BMWが取り組んでいるクルマとアートの融合です!!!

 

 

 

 

これぞアートカーですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カッコいいですね!!!

 

 

 

 

さすがBMWです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま、ルマン24時間耐久レースも参戦!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしいですね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全にやられました。

 

 

 

 

おそるべしBMW!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうちクリーンディーゼルのアートカーも出て来そうですね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回も、お楽しみに!!!

 

 

 

 

 

Mini Rocketman London Olympic!!!

 

 

 

 

 

皆さん、BMWグループのミニ ロケットマン ロンドンオリンピック バージョンです!!!

 

 

 

 

ミニ史上、最もコンパクトですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

横から観るとコンパクトさが、より解りますね。

 

 

 

 

なんとボディは、カーボンファイバーです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーフには、ユニオンジャックが描かれてますね。

 

 

 

 

カッコいいです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドアは、なんとスライドドアです!!!

 

 

 

 

やってくれますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

オシャレなインテリアですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピードメーターです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

カッコいい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴代のオリンピック開催地が描かれてますね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンソールでは? 遊び心満載ですね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリンピックの聖火台がイメージですかね?

 

 

 

 

さて、エンジンはクリーンディーゼル???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ TOP