デイトナ24時間Ⅲ

 

 

 

 

 

皆さん、残念でした。

 

 

 

 

マツダがデイトナ史上初めてディーゼルエンジンで挑戦しましたが!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3台とも、リタイヤとなりました。

 

 

 

 

非常に悔しいです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしメゲズに、頑張って欲しいですね。

 

 

 

 

何と言ってもロータリーエンジンでは、世界一になったのですから!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後に期待しましょう!!!

 

 

 

 

次回も、お楽しみに。

 

 

 

 

 

デイトナ24時間 Ⅱ

 

 

 

 

 

皆さん、デイトナ24時間でクリーンディーゼルの凄さを判らせて欲しいですね。

 

 

 

 

アメリカでも、クリーンディーゼルを流行らせて下さい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと素晴らしい結果を出してくれるでしょう。

 

 

 

 

楽しみにしてます!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ!クリーンディーゼルの挑戦の始まりです。

 

 

 

 

みんなで、バトンを引き継いでください!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回も、お楽しみに!!!

 

 

 

 

 

 

クリーンディーゼル、デイトナ24時間!!!

 

 

 

 

 

皆さん、マツダがクリーンディーゼルでデイトナ24時間に挑戦します。

 

 

 

 

是非頑張って欲しいです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかカッコいいですね。

 

 

 

 

3台体制で24時間戦います!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果たして、クリーンディーゼルがどこまで戦えるか?

 

 

 

 

 

今から、楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリーンディーゼル頑張れ!!!

 

 

 

 

ガソリンに負けるな!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回も、お楽しみに!!!

 

 

 

 

 

 

 

クリーンディーゼルで、デイトナ24時間!!!


 

 

 

 

 

皆さん、マツダがやってくれます。

 

 

 

 

クリーンディーゼルで、デイトナ24時間に挑戦です!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このレーシングカーは、新型『マツダ6』(日本名:アテンザ)をベースに、レース専用チューンが施された

 

 

 

 

2,2リットル直列4気筒ターボディーゼル、「SKYACTIV-D」エンジンを搭載。

 

 

 

 

部品の63%は市販エンジンと共用でパワーは、400psオーバー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型アテンザのレーシングカーは、2013年から米国GRAND-AMシリーズに導入される「GXクラス」に参戦。

 

 

 

 

GXクラスは、先進技術や環境テクノロジーを採用したマシンで争われる新カテゴリーです。

 

 

 

 

マツダモータースポーツは今回、3台のアテンザを同レースに投入すると発表しています!!!

 

 

 

実戦デビューは2013年1月26〜27日米国フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで

 

 

 

 

開催される 24時間耐久レース、「ロレックス24」です。

 

 

 

 

 

いまから、楽しみですね!!!

 

 

 

 

 

マツダ クリーンディーゼル Ⅲ

 

 

 

 

 

皆さん、マツダの挑戦に期待しましょう!!!

 

 

 

 

ロータリーの時の様に、クリーンディーゼルでもやってくれますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今からルマンが楽しみです!!!

 

 

 

 

夢をもう一度!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回も、お楽しみに!!!

 

 

 

 

 

マツダ クリーンディーゼル Ⅱ

 

 

 

 

皆さん、カッコいいですね!!!

 

 

 

 

今から今年のルマンが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリーンディーゼルでどこまで頑張ってくれるのでしょうか!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロータリーで頑張った様に、クリーンディーゼルでも期待しましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回も、お楽しみに!!!

 

 

 

 

 

マツダクリーンディーゼル ルマンへ!!!

 

 

 

 

 

マツダは、12月9日に岡山国際サーキットで開催された「MAZDA FAN FESTA 2012 in OKAYAMA」で、

 

 

 

 

スカイアクティブ クリーンディーゼル搭載ル・マン車両「マツダ ルマン LMP-2」を日本初公開されました!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レース用のスカイアクティブ クリーンディーゼルエンジンは、

 

 

 

 

アメリカのグランダムシリーズに2013年より新設されるGX(クリーンエネルギー車)クラス、

 

 

 

 

およびルマンプロトタイプ2(LMP2)クラス用に開発されたレーシングエンジンで、

 

 

 

 

北米マツダを通じてカスタマーチームに供給されます!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンの主な仕様は、排気量2191cc、最大出力420HP以上、最大トルク68,5Nm、

 

 

 

 

最高回転数5200rpm、重量148kg、ボア×ストローク 86×94,3mm。

 

 

 

 

シャシーはローラ B12/80クーペ、車両重量は900kgです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本でも、これにクリーンディーゼルを積んで走らせてもらえませんかね?

 

 

 

 

マツダさ〜ん いかがでしょうか!!!

 

 

 

 

 

 

クリーンディーゼルで、クルマの運転する楽しさを伝えて行きたいですね!!!

 

 

 

 

 

マツダ クリーンディーゼル !!!

 

 

 

 

 

マツダモータースポーツは、レース用SKYACTIV-Dクリーンディーゼルエンジンを発売すると発表しました。

 

 

 

 

皆さん、さすがマツダですね!!! 凄い事です!!!

 

 

 

 

普通レースの世界では、なかなかエンジン供給はしません。

 

 

 

 

しかも今回は、クリーンディーゼルエンジンを初めてレースの世界へ発売します!!!

 

 

 

 

SKYACTIV-Dレーシングディーゼルエンジンは、ルマン・プロトタイプ2(LMP2)クラスのマシン用であり、

 

 

 

 

ル・マン24時間レースにチャレンジするチームに販売されます!!!

 

 

 

 

マツダのルマンエンジンプログラムは、2013年シーズンのレースからスタートします。

 

 

 

 

マツダは、アジアで唯一ル・マン24時間レースでの総合優勝を果たした自動車メーカーです!!!

 

 

 

 

1991年にジョニー・ハーバート/フォルカー・ハイドラー/ベルトラン・ガショーが駆る

 

 

 

 

ロータリーエンジン搭載のマツダ787Bが見事優勝を収めています!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

北米マツダのマツダモータースポーツ担当副社長のジェイ・アメストイは、

 

 

 

 

「今回の再挑戦は、私たちのル・マンへの思いです。

 

 

 

 

1991年にロータリーエンジンで歴史的優勝を果たしており、

 

 

 

 

そして今、最もクリーンでパワフルなパワープランとだと自負しているエンジンで再び勝利を狙います!!!

 

 

 

 

このレーシングエンジンはヨーロッパと北米のLMP2クラスに参戦するカスタマーに販売され、

 

 

 

 

世界耐久選手権(WEC)とアメリカンルマンシリーズ(ALMS)に挑戦します」と語りました!!!

 

 

 

 

このレーシングエンジンは、日本のマツダ本社と北米マツダ、スピードソースレースエンジニアリングが協同開発しました。

 

 

 

 

同エンジンは、マツダSKYACTIV-D 2.2リットル4気筒ディーゼルデュアルステージターボエンジンをベースとしています。

 

 

 

 

「このエンジンは、素晴らしい動力性能と低燃費なのに加え、品質、耐久性、信頼性といった、

 

 

 

 

ストリートカーに必要な要素と耐久レースで勝つために必要な要素を兼ね備えています。

 

 

 

 

「マツダは常に“飽くなき挑戦”を続けています!!!

 

 

 

 

この精神により、1991年に優勝するまでの18年もの間ル・マンに挑戦し続けたのです。

 

 

 

 

事実、この精神はSKYACTIVテクノロジーの開発に活かされており、いくつかの技術革新により実現したのです。

 

 

 

 

カスタマープログラムを通じて、ル・マンに挑戦するプライベートチームに

 

 

 

 

SKYACTIV-Dクリーンディーゼルレーシングエンジンを供給できることをとても嬉しく思います!!!

 

 

 

 

クリーンディーゼルエンジンで、是非この日本でも走らせて欲しいものです。

 

 

 

 

マツダ 頑張れ!!!

 

 

 

 

 

マツダのSKYACTIV ディーゼル レーサー デビュー!!!

 

 

 

 

マツダの米国法人、マツダノースアメリカは、米国で11月28日に開幕する

 

 

 

 

ロサンゼルスモーターショー2012において、新型レーシングカーを初公開すると発表しました!!!

 

 

 

 

同社は2012年6月、新世代環境技術の「SKYACTIV」を採用したディーゼルエンジン、

 

 

 

 

「SKYACTIV-D」を米国のモータースポーツに投入すると発表。

 

 

 

 

今回、ロサンゼルスモーターショー12において、このSKYACTIV-Dを積んだレーシングカーが

 

 

 

 

ワールドプレミアされます!!!

 

 

 

このレーシングカーは、マツダモータースポーツが開発を進めてきたもの。

 

 

 

 

2013年から米国「GRAND-AM」シリーズに導入される「GXクラス」にエントリー。

 

 

 

 

GXクラスは、先進技術や環境テクノロジーを採用したマシンで争われる新カテゴリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

マツダはこのGXクラスに、『CX-5』などでお馴染みの2.2リットル直列4気筒ターボディーゼル、

 

 

 

 

SKYACTIV-Dエンジン搭載車で参戦します!!!
なお、このSKYACTIV-Dエンジンは、レース専用のチューニングを受けているが、

 

 

 

 

マツダは、「部品の63%は市販エンジンと共用」と説明しています!!!

 

 

 

 

新型レーシングカーは2013年1月、米国フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイ で

 

 

 

 

開催される24時間耐久レース、「ロレックス24」でデビュー予定!!!

 

 

 

 

マツダによると、同レース51年の歴史において、初のディーゼルエンジン搭載車になります!!!

 

 

 

 

 

楽しみですね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツダ 復活!!!

 

 

 

 

 

 

マツダ ルマン24時間レースに、クリーンディーゼルで!!!

 

 

 

 

 

 

 

マツダは、SKYACTIV クリーンディ ーゼルエンジンで、

 

 

 

 

来年2013年のルマン24時間に挑戦します!!!

 

 

 

 

マツダは、凄いですね!!!

 

 

 

 

前回1991年の挑戦では、ロータリーエンジンで挑戦し

 

 

 

 

見事日本のメーカーで、唯一優勝しました!!!

 

 

 

 

今回は、 クリーンディ ーゼルエンジンで挑戦します!!!

 

 

 

 

何と、2.2リットル4気筒デュアルステージターボチャジャーですよ。

 

 

 

 

皆さん、マツダのクリーン ディ ーゼル応援しましょう!!!

 

 

 

 

夢をもう一度!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ TOP