欧州のBMW、ディーゼル販売比率はなんと70%!!!

 

 

 

 

ビー・エム・ダブリューは、BMW Group Innovation Day in Japanを開催!

 

 

 

 

先進ディーゼルエンジン技術のプレゼンテーショが行われました。

 

 

 

 

BMW AG ディーゼルエンジン開発担当のクリスチャン・メルツィンガー氏によると、

 

 

 

 

BMWにとってディーゼルエンジンは非常に重要だと言います!!!

 

 

 

 

ディーゼルとガソリンエンジンのヨーロッパにおける割合は、68%がディーゼルエンジンです。

 

 

 

 

特にXシリーズの95%が、クリーンディーゼルなのです!!!

 

 

 

 

因みに全世界ではクリーンディーゼルは40%です。

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で、BMWにとって最も重要なエンジンは4気筒ディーゼルエンジンで、

 

 

 

 

最も売れているエンジンでもあります。

 

 

 

 

この4気筒エンジンは66kwから150kwまでのレンジがあり、

 

 

 

 

4気筒150kwのエンジンでは、様々な賞を受賞。

 

 

 

 

特に3回ほどエンジンオブザイヤーを受賞しているのです。

 

 

 

 

また、6気筒ディーゼルエンジンも、最大出力は180kwから280kwまでのレンジです。

 

 

 

 

これも、米国マーケットで販売しているバージョンでいくつもの賞を受賞。

 

 

 

 

例えば、2度 ベスト10エンジンに選出されています!!!

 

 

 

 

ディーゼルの排出ガスの低減技術についてメルツィンガー氏は、

 

 

 

 

排出ガスとしては4つのコンポーネントがあると言います。

 

 

 

 

粒子状物質(PM)、一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)、そして、

 

 

 

 

最も重要なものが窒素酸化物(NOx)です。

 

 

 

 

それぞれに対して、それぞれ違う技術で低減を図っています。

 

 

 

 

まずPMに関しては、粒子状物質現象装置(DPF)を使い、

 

 

 

 

BMWは2002年からヨーロッパマーケットで導入しました。

 

 

 

 

そして、CO、HCには酸化触媒を使っています。初めての酸化触媒は、1990年にBMWが使いました。

 
 

 

 

 
そして、重要なのはNOxを減らすことです。

 

 

 

 

NOxの減少には様々な方法がありますが、ひとつは、エンジンを改良することです。

 

 

 

 

ターボチャージングシステムを導入し、インジェクションシステムとEGR(排気再循環)を改善します。

 

 

 

 

そして、もうひとつは、排出後処理技術で、2つの方法があります。

 

 

 

 

まず、NSC(NOx吸蔵触媒還元システム)とSCR(選択還元触媒システム)です。

 

 

 

 

この2つのテクノロジーはそれぞれメリットデメリットがあり、
 

 

 

  
車種(パワーや重量など)により選択を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BMWのクリーンディーゼルも 素晴らしいですね!!!

 

 

 

 

皆さんも。そろそろ気付いてくださいね。

 

 

 

 

クリーンディーゼルは、運転してとっても楽しいです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツダ クリーンディーゼル !!!

 

 

 

 

 

マツダモータースポーツは、レース用SKYACTIV-Dクリーンディーゼルエンジンを発売すると発表しました。

 

 

 

 

皆さん、さすがマツダですね!!! 凄い事です!!!

 

 

 

 

普通レースの世界では、なかなかエンジン供給はしません。

 

 

 

 

しかも今回は、クリーンディーゼルエンジンを初めてレースの世界へ発売します!!!

 

 

 

 

SKYACTIV-Dレーシングディーゼルエンジンは、ルマン・プロトタイプ2(LMP2)クラスのマシン用であり、

 

 

 

 

ル・マン24時間レースにチャレンジするチームに販売されます!!!

 

 

 

 

マツダのルマンエンジンプログラムは、2013年シーズンのレースからスタートします。

 

 

 

 

マツダは、アジアで唯一ル・マン24時間レースでの総合優勝を果たした自動車メーカーです!!!

 

 

 

 

1991年にジョニー・ハーバート/フォルカー・ハイドラー/ベルトラン・ガショーが駆る

 

 

 

 

ロータリーエンジン搭載のマツダ787Bが見事優勝を収めています!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

北米マツダのマツダモータースポーツ担当副社長のジェイ・アメストイは、

 

 

 

 

「今回の再挑戦は、私たちのル・マンへの思いです。

 

 

 

 

1991年にロータリーエンジンで歴史的優勝を果たしており、

 

 

 

 

そして今、最もクリーンでパワフルなパワープランとだと自負しているエンジンで再び勝利を狙います!!!

 

 

 

 

このレーシングエンジンはヨーロッパと北米のLMP2クラスに参戦するカスタマーに販売され、

 

 

 

 

世界耐久選手権(WEC)とアメリカンルマンシリーズ(ALMS)に挑戦します」と語りました!!!

 

 

 

 

このレーシングエンジンは、日本のマツダ本社と北米マツダ、スピードソースレースエンジニアリングが協同開発しました。

 

 

 

 

同エンジンは、マツダSKYACTIV-D 2.2リットル4気筒ディーゼルデュアルステージターボエンジンをベースとしています。

 

 

 

 

「このエンジンは、素晴らしい動力性能と低燃費なのに加え、品質、耐久性、信頼性といった、

 

 

 

 

ストリートカーに必要な要素と耐久レースで勝つために必要な要素を兼ね備えています。

 

 

 

 

「マツダは常に“飽くなき挑戦”を続けています!!!

 

 

 

 

この精神により、1991年に優勝するまでの18年もの間ル・マンに挑戦し続けたのです。

 

 

 

 

事実、この精神はSKYACTIVテクノロジーの開発に活かされており、いくつかの技術革新により実現したのです。

 

 

 

 

カスタマープログラムを通じて、ル・マンに挑戦するプライベートチームに

 

 

 

 

SKYACTIV-Dクリーンディーゼルレーシングエンジンを供給できることをとても嬉しく思います!!!

 

 

 

 

クリーンディーゼルエンジンで、是非この日本でも走らせて欲しいものです。

 

 

 

 

マツダ 頑張れ!!!

 

 

 

 

 

マツダのSKYACTIV ディーゼル レーサー デビュー!!!

 

 

 

 

マツダの米国法人、マツダノースアメリカは、米国で11月28日に開幕する

 

 

 

 

ロサンゼルスモーターショー2012において、新型レーシングカーを初公開すると発表しました!!!

 

 

 

 

同社は2012年6月、新世代環境技術の「SKYACTIV」を採用したディーゼルエンジン、

 

 

 

 

「SKYACTIV-D」を米国のモータースポーツに投入すると発表。

 

 

 

 

今回、ロサンゼルスモーターショー12において、このSKYACTIV-Dを積んだレーシングカーが

 

 

 

 

ワールドプレミアされます!!!

 

 

 

このレーシングカーは、マツダモータースポーツが開発を進めてきたもの。

 

 

 

 

2013年から米国「GRAND-AM」シリーズに導入される「GXクラス」にエントリー。

 

 

 

 

GXクラスは、先進技術や環境テクノロジーを採用したマシンで争われる新カテゴリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

マツダはこのGXクラスに、『CX-5』などでお馴染みの2.2リットル直列4気筒ターボディーゼル、

 

 

 

 

SKYACTIV-Dエンジン搭載車で参戦します!!!
なお、このSKYACTIV-Dエンジンは、レース専用のチューニングを受けているが、

 

 

 

 

マツダは、「部品の63%は市販エンジンと共用」と説明しています!!!

 

 

 

 

新型レーシングカーは2013年1月、米国フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイ で

 

 

 

 

開催される24時間耐久レース、「ロレックス24」でデビュー予定!!!

 

 

 

 

マツダによると、同レース51年の歴史において、初のディーゼルエンジン搭載車になります!!!

 

 

 

 

 

楽しみですね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツダ 復活!!!

 

 

 

 

 

 

マツダ VS BMW !!! 

 

 

 

 

皆さん、クリーンディーゼル対決 です!!!

 

 

 

 

スカイアクティブ・ディーゼルなる新技術を搭載し、大ヒット中のマツダ・CX—5ディーゼル!

 

 

 

 

日本のクリーンディーゼル技術の結晶と、ディーゼルの本場からやってきた刺客を対決させてみました!

 

 

 

 

今年発売されたマツダのCX-5(2200ccディーゼルターボ 258万円~)は、

 

 

 

 

クリーンディーゼルの販売比率が、なんと8割です!!!

 

 

 

 

輸出は円高で苦戦中だが、国内販売は絶好調! マツダとしては想像を絶するヒット商品となっています!

 

 

 

 

ですが、ディーゼルの本場・ヨーロッパ勢も黙ってはいません。

 

 

 

 

今後、輸入ディーゼル車が続々上陸することは必須です!!!

 

 

 

 

先陣を切ったのはベンツでしたが、このたびBMWも主力の3シリーズに

 

 

 

 

クリーンディーゼルモデルを投入されました。

 

 

 

 

ベンツのクリーンディーゼルは800万円もするシロモノでどうにもならなかったですが、

 

 

 

 

BMWの320d(2000ccディーゼルターボ)は、470万円から〜

 

 

 

 

やっぱBMWなんで高いですが、ガソリン車(320i)と比べるとたったの20万円アップです。

 

 

 

 

マツダのCX-5がガソリン車の38万円アップで「安い!」と言われたのに、

 

 

 

 

まさかBMWがここまで安くしてくるとは。

 

 

 

 

日本人として燃えてきました。ぜんぜんクラスは違うけど、この2台、対決させましょう!!!

 

 

 

 

種目は二つ、加速と燃費です。

 

 

 

 

新世代クリーンディーゼルは加速が良くて燃費もイイというのがウリなのです。

 

 

 

 

加速のほうは、時速20kmくらいから2台並んでアクセルを全開にし、

 

 

 

 

時速60kmくらいまで、どっちが速いかで行いました。

 

 

 

 

加速対決では出だしで置かれたものの、その後は離されることなく付いていったCX-5ディーゼル。

 

 

 

 

320dに比べ、アクセルを踏み込んだあと加速するまでのタイムラグが、そのまま結果に表れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BMW速い!!!  スペック上は、マツダ有利なのに、何度やってもBMWが勝ちます!!!

 

 

 

 

勝因は主に8速ATのレスポンス。

 

 

 

 

BMWの高級かつ変速の素早い8速ATに比べると、マツダ入魂の6速ATは反応が及ばない。

 

 

 

 

エンジンそのものは、CX-5のディーゼルだって十二分に速くて力強いんだけど、やっぱ値段の差ですか。

 

 

 

 

燃費も、CX-5のリッター11.3kmに対して、BMWはリッター13kmをマーク。

 

 

 

 

BMW恐るべし! ちなみに数字が低いのは、燃費計測中に何度も加速対決をやったからで、

 

 

 

 

高速道路をトロトロ巡航させれば、どっちもリッター20km近く走る。

 

 

 

 

というわけで今回の勝負、BMWの貫録勝ちだったが、

 

 

 

 

いずれにせよ新世代のクリーンディーゼルは、加速も燃費もスバラシイ。

 

 

 

 

これに乗っちゃうともうガソリン車なんざ線が細くて乗ってられません。

 

 

 

 

特にロングドライブが多い方には圧倒的にオススメです!!!

 

 

 

 

皆さん、ひと足お先にクリーンディーゼルな暮らしいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NHK !!!

クリーンディーゼル車”開発が加速 !!!

 

 

 

 

 

“クリーンディーゼル車”開発が加速

 

 

 

 

 

自動車メーカーの「マツダ」は、厳しい排気ガスの規制をクリアしたクリーンディーゼルの

 

 

 

 

エンジンをセダンタイプなどにも投入し、

 

 

 

 

メーカー各社の環境対応の自動車の開発が加速しています。

 

 

 

 

マツダが20日に発売したのは、ガソリン車並みの厳しい排出ガスの規制をクリアした

 

 

 

 

「クリーンディーゼル車」と呼ばれる車の、

 

 

 

 

セダンタイプとワゴンタイプです。

 

 

 

 

ディーゼル車はもともとガソリン車に比べて燃費がよく、

 

 

 

 

二酸化炭素の排出量も少ないのが特徴ですが、窒素酸化物の排出量が多いという課題があったため、

 

 

 

 

国内ではトラックやバスを除くとここ10年ほどほとんど販売実績がありませんでした。

 

 

 

 

この車は、燃料の軽油を効率よく燃焼させる新たな仕組みを取り入れたことで燃費が向上し、

 

 

 

 

窒素酸化物の排出量も抑えることができたとしています。

 

 

 

 

マツダは、ことし発売したSUV=多目的スポーツタイプのクリーンディーゼル車の売れ行きが好調で、

 

 

 

 

今後、この分野でも販売を伸ばしたいとしています。

 

 

 

 

国内では、ことしドイツのBMWが新型のクリーンディーゼル車を投入したほか、

 

 

 

 

三菱自動車も来月、新型車の投入を予定しており、環境対応の自動車の開発競争が加速しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、やっと日本でも認知されてきましたね!!!

 

 

 

 

これから世界基準に追いついてきますね。

 

 

 

 

この日本でどこまでクリーンディーゼルが伸びるか楽しみです!!!

 

 

 

 

 

GENROQ 入稿!!!

 

 

 

 

先日お伝えしました、ゲンロクの最終入稿が出来ました。

 

 

 

 

ディーゼル ポルシェ という選択肢!!!

 

 

 

 

皆さん、お待ちかねです。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

さて、日本の方々にどんな評価がされるでしょうか?

 

 

 

 

楽しみです。

 

 

 

 

クリーンディーゼルは、乗って楽しいクルマですよ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは、ゲンロクをご覧下さい!!!

 

 

 

 

お楽しみに。

 

 

 

 

皆さん、ご試乗お待ちしております!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カイエン ディーゼル インプレッション Ⅱ !!!

 

 

 

 

 

皆さん、カイエン ディーゼルを見せに広島へ行ってきました。

 

 

 

 

カイエン ディーゼルで、往復約700Kmでした。

 

 

 

 

何のストレスも無く、特に高速の追い越し加速は圧倒的な加速感があります!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポルシェですから、ブレーキ性能は自動車メーカーの中で一番安心して踏めます。

 

 

 

 

抜群に停まります!!!

 

 

 

 

高速での、ハンドリングも素晴らしいものが有ります。

 

 

 

 

皆さん、体感されませんか?

 

 

 

 

どこでも、お伺いさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたま、広島電鉄開業100周年記念で路面電車がライトアップされていました。

 

 

 

 

サプライズで嬉しかったです!!!

 

 

 

 

なにか、いい事が有りそうですね。

 

 

 

 

改めて原爆ドームを見て心が引き締められる思いでした!!!

 

 

 

 

精一杯頑張って生きます。

 

 

 

 

 

世界自動車行商人より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カイエン ディーゼル インプレッション!!!

 

 

 

 

皆さん、今日はカイエンディーゼルのロードインプレッションをお伝えします。

 

 

 

 

今日は、広島のお客様N様の所にカイエンディーゼルを見せに来ました!!!

 

 

 

 

片道約300Kmの距離です。

 

 

 

 

高速道路に入ると水を得た魚状態です!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、ドイツ本国で鍛えられたサスペンション!!!

 

 

 

 

速度無制限の高速道路があるドイツでは、この素晴らしい足回りが無いと

 

 

 

 

安心して走れません。

 

 

 

 

圧倒的な追い越し加速で、レクサスなんか一瞬で点になります!!!

 

 

 

 

雨の中も4WDで路面に張り付いて、安心して走れます。

 

 

 

 

平均速度は、1?? ちょっと言えませんが、楽々です!!!

 

 

 

 

ナビの到達時間よりも当然速く到着しますよ。

 

 

 

 

身体の疲れも全然ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが、ポルシェです!!!

 

 

 

 

まずカイエンディーゼルは、単なるクリーンディーゼルではありません。

 

 

 

 

皆さんは多分ディーゼルエンジンだから、そんなに走らない?

 

 

 

 

まあ 世間もエコだから? でもハイブリッドはちょっと? おもしろく無い。

 

 

 

 

皆さん、クリーンディーゼルは素晴らしいエンジンです!!!

 

 

 

 

と、言っても誰も乗られたことが無いと思います。

 

 

 

 

セールスマンもジャーナリストも、ディーゼルなんかダメですよ! と。

 

 

 

 

誰も体感してません!!!

 

 

 

 

みんな空想でしかしゃべっていません。

 

 

 

 

かってなことばかり言ってます???

 

 

 

 

クリーンディーゼルの圧倒的なトルク感。

 

 

 

 

絶対ガソリンエンジンでは味わえません。

 

 

 

 

当社が保証します!!!

 

 

 

 

なぜなら、カイエンのドイツ本国で85%がクリーンディーゼルだからです。

 

 

 

 

乗って楽しいですよ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご興味のある方、日本全国どこでも持って行きますよ!!!

 

 

 

 

ご自分で見て乗って感じてください。

 

 

 

 

私たちからすると、世界から比べると日本なんか狭いものです。

 

 

 

 

どこでも行きますよ!!!

 

 

 

 

お気軽にどうぞ!!!

 

 

 

 

地元の美味しい物を、ちょっとごちそうしてくださいね。

 

 

 

 

お会い出来るのを、楽しみにお待ちしております!!!

 

 

 

 

BMW クリーンディーゼル !!!

 

 

 

 

皆さん、なんとBMW320dで、

 

 

 

 

一般ドライバーが、燃費1リッターあたり30キロ近くを達成しました!!!

 

 

 

 

モデル名末尾の「d」が示す通り、クリーンディーゼルです!!!

 

 

 

 

満タン方式の簡易な燃費計測を実施し、

 

 

 

 

高速でエコモードを使って時速80キロで走り、約30kmを出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルセデス・ベンツがヨーロッパで、売れ筋だったディーゼルを日本市場に投入したあと、

 

 

 

 

今年に入ってからはBMWも本腰を入れ始めました!!!

 

 

 

 

当社の勝手な予想ですが、他の欧州メーカーも続々とディーゼル車を日本市場に投入してくるはずです。

 

 

 

 

ヨーロッパでのクリーンディーゼルのシェアは約60%に達しています!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、燃費テスト専門のプロドライバーではない一般のドライバーでも、

 

 

 

 

1リッター30キロ近い低燃費を達成できるからです!!!

 

 

 

 

ディーゼルは黒い煙を吐き出し、エンジン音がうるさいというイメージがつきまといますが、

 

 

 

 

 

私自身が感じたクリーンディーゼルは以前の“環境の敵”とは全くの別物です!!!

 

 

 

 

 

 

 

クリーンディーゼルも結構速いでしょう!!!

 

 

 

 

 

皆さん、ひと足お先にクリーンディーゼルな暮らしいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウディ クリーンディーゼル!!!

 

 

 

アウディオブアメリカは、11月19日、米国市場へクリーンディーゼルエンジン

 

 

 

 

4車種を一挙に追加導入します!!!

 

 

 

 

実車は、ロサンゼルスモーターショーで披露されます。

 

 

 

 

アウディは2009年、米国市場に『 A 3』のターボディーゼル、「TDI」搭載車を導入。

 

 

 

 

その後、『 Q 7』にもTDIを設定しました。

 

 

 

 

ガソリン価格高騰を背景に、TDIの燃費の良さやクリーンな排出ガス性能が評価され、販売を伸ばしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウディオブアメリカは今回、TDI搭載車の車種ラインナップを強化します!!!

 

 

 

 

『A 8』、『A 7』、『A 6』、『 Q 5』の4車種にもTDIを投入します。

 

 

 

 

これら4車種のエンジンは全て、Q7と同じく、直噴3.0リットルV型6気筒ターボディーゼル。

 

 

 

 

最大出力は240ps、最大トルクは56.1kgm!!!

 

 

 

 

素晴らしいエンジンです!!!

 

 

 

 

基本的には、当社が輸入しているカイエンの

 

 

 

 

クリーンディーゼルエンジンと同じです!!!

 

 

 

 

嬉しいことですね!!!

 

 

 

 

アメリカでも評価されています。

 

 

 

 

当社の考えは正しかったですね!!!

 

 

 
 

 
 

 

 

 

皆さん、これからも世界から素晴らしいクリーンディーゼルをお楽しみに!!!

 

 

 

 

ぜひ体感しに当社にいらしてください。

 

 

 

 

皆さんの笑顔を、楽しみにお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ TOP